5月のカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近のコメント

ウィリアムの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2018年
05月17日
00:07

Sと言う自分

自分が、いつからSであると言う意識が芽生えたかは
定かではないが、10代の頃からSM雑誌を読み、縛られて
いる、鞭打たれている、蝋燭を垂らされている女性を見て
嫌悪感も無く、楽しそうであるとか、興奮したことを
憶えている

また、露出であったり、痴漢行為であったり、虐め、
辱め、弄ぶことも楽しいと想う自分が居た

女性が好き、性行為も好き、しかし、それらだけが
自分の快楽に結びつくのではないと・・

SMに対しての嫌悪感も無いまま、自分がSだとは
気付かないまま、交際相手に、鞭や蝋燭は無いものの
スパン、ビンタ、噛み付き等々を施していたのは事実だ

嫌がる相手、泣く相手、耐える・我慢する相手を見て
感じて、楽しいと思う反面、努力する・頑張る相手を
可愛いと思ったこともあれば、手放したくないと
思ったことがあったのも事実

だが、SMも性欲だし、性的行為、性的責めは行うものの、
性行為をしたい、性行為に固執すると言うのでもない

ただ、支配・管理・束縛をし、自分の支配欲等を満足させ
虐め、辱め、弄び、苦痛を与え、相手の表情や声、そして
頑張る・努力するのを見たい、感じたい

だからなのか、ある時、自分の言動に対し、Sだと、変態だと
言われた事から自分がSである自覚を得た

それから自分のM探し、求めが始まり、Mが欲しい、必要と
今迄に至り、絶対服従させ、自由に扱い、尽させ、奉仕させ
自分好みに変えたい、楽しみたい・・と Mが必要な存在に
なっている

誰でも良い・・ではないし、自己紹介に書いてあることが
前提であることも事実だが、自分が必要であると言うMが
欲しいと言うことに変りは無い

だから、死亡、引退等でSを辞めない、生きているか、
自分がSである限り、Mが自分の前から去れば、
次を求めてしまうだろうし、永続を基本とし、
貸出や複数に興味は無い

自分の為のMで、所有物、絶対服従だからと言って、他人を
楽しませる為にMを所有するのではないのだから

但し、実生活で、SMは可能と思わなかったので、自分の
生活外にMを探す、求めてしまう

その理由は、自覚してから何人か知り合ったSM婚夫婦の
大半が、年齢や考え方にもよるだろうが、子供ができると
主従ではなく、夫婦に変ってしまっているのが多く、
結局、外に求めてしまっているからだ

Mとは自分にとって必要な存在・・

いいね!


┏秘密国民/PICK UP 画像&動画サイト┓
奈々美のお部屋 優奈をあげるぅ FAIRY LEG 白井くだもの店
秘密国民」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加